« 2012年5月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

のせでんレールウェイフェスティバル2016

 2016年4月29日、能勢電鉄平野車庫にて鉄道フェスティバルが開かれました。

 のせでんのイベントは今回が初参加、たまたま休みが合った(しかも2連休の初日)のと、のせでん5100系(元阪急5100系)の投入により1500系(元阪急2100系)が絶滅の危機にあるので、取材兼ねて参加してきました。
デビューして3日目の山陽電車6000系に乗りたくて9時17分の板宿発阪急神戸三宮行きに乗り、のせでん平野に到着したのが10時45分。3番ホームに今回イベントの大目玉でもある1500系1501Fの貸し切り列車が停車していました。
 
Nsivent20160429__000
 
Nsivent20160429__001
 
10時50分出発のようで、出発の無事を祈願するお祓いが行われていました。いや~、乗りたかったです。残念ながら会場到着の時点では午後の部の整理券も完売してたとの事。
 
Nsivent20160429__002
 
会場に到着。そこで鉄道仲間4人と合流するも、すぐに解散しました(仲間の一人が夜勤明けにより、長居できないとの事、その他の仲間も次に行く所があったとの事)
 
仕方無いので一人で散策。貸し切り列車がダメなら、他はどうかと言うと…
 
Nsivent20160429__003
 
鉄道部品販売は長蛇の列で30分程並んだものの、あまりいい物が残っておらず、しかも値段が…。方向幕等も売り切れてて、敢え無く断念。
 
  Nsivent20160429__005
 
 
Nsivent20160429__006
 
Nsivent20160429__008  
 
Nsivent20160429__010
 
車掌体験、運転sミュレーション、ミニ電車は子供向け。とりあえず昼食は屋台のおにぎりを買って、車両の休憩室で食べました。
 
Nsivent20160429__007
 
通勤電車のシート、しかも元阪急の車内で飲食なんて、普段は体験できないと思います。
 
 
他にもプラレール運転会とか、似顔絵コーナーとかありましたが、殆ど子供向けの内容(なのでうちの娘達を連れて行けば?と言われそうですが、うちの娘達ですら満足するかどうか…。それでも夏には京都の鉄道博物館には連れて行きたいですが…)
 
 
せめて1500系には乗りたい、なのでイベントを後にして、いざ山下へ。1500系で唯一残る4両編成の1501Fは貸し切り列車で使用中、そして5月29日に引退ですが、山下から日生中央or妙見口間の2両編成の区間列車がまだ残ってる(こちらは6月下旬まで運行)。なので、それに乗りに行きました。
 
Nsivent20160429__011
山下発日生中央行きは1500系の真のトップナンバーである1500F。1500Fは1系の緑の塗装になって、とてもクラシックな印象。最初は山下駅の2号線(川西能勢口方面のりば)から発車し、川西能勢口側に一旦引き上げて1号線に転線後、スイッチバックで1号線ホームに入って客扱いするという少し変わった運用を体験しました。日生中央に到着後、引き返して山下駅へ。
 
Nsivent20160429__012
 
山下発妙見口行きは1510F。50系の白と青のツートンカラーになってて、まるで阪神の各駅停車用(5001形)や昔の山陽電車(クリームと紺のツートンカラー)を彷彿させます。そして、この編成は元先頭車ながら運転台撤去されて1500Fの中間に組み込まれていたのを運転台復活させた編成で、前面の貫通扉の窓が大型でいかつい顔つきになってます。
 
山下~妙見口間は単線区間でかなりローカルムード漂う区間で、しかも2両なのでさらにローカルムード満載(普段は4両の阪急色が行き交う)。妙見口で折り返した後、笹部~山下間の複線区間では3号線に直接入線する為に下り線を逆走する(距離は短いけど)。日生中央行きのスイッチバック折り返しに次いで区間運転の見どころであります。
 
1501Fのさよなら運転までには、もう一度のせでんを取材しに行って、営業運転での1501Fを撮影そして乗車できたらと思いまず(さよなら運転の日は日勤で仕事、そして抽選制でしかも参加費用が5000円もかかるので、さすがにパス)

駅舎・駅構内 神戸市営地下鉄 板宿駅(S10)

Ks_itayado000
 
Ks_itayado006
 
Ks_itayado007
 
Ks_itayado008
 
Ks_itayado009
 
Ks_itayado010
 
Ks_itayado011
 
駅番号    S10
所在地    兵庫県神戸市須磨区大黒町2丁目
開業年月   昭和52年3月13日
取材日    平成24年7月8日(①②④~⑦)
         平成26年12月5日(③)
乗り換え    山陽電車 板宿駅(SY02)
 
次の駅
 
←妙法寺(S11) (西神中央方面)
 
→新長田(S09) (三宮・新神戸・谷上方面)
 
 
島式1面2線の中間駅。開業当時は山陽板宿駅は地上駅ながら、将来の地下化を見越して深い位置に設置されている。山陽板宿駅が地下化されて以降は同一コンコースで結ばれている。
 
ホーム壁面は板宿にちなんで「板」の模様となっている。ホームからコンコースへの階段は北側と南側の2か所ありながら、改札は開業から近年までは北側にしか無く、南側からの利用には北側改札に回る必要があったが、平成28年に南側改札設置工事が施工され、3月にはICカード限定で改札が先行開業、6月には券売機や精算機を設置して切符利用も可能となる見込みである。

駅舎・駅構内 山陽電車 西代駅(SY01 HS39)

Nishidai000
 
Nishidai008
 
Nishidai009_2
 
Nishidai010
 
Nishidai011
 
Nishidai012
 
駅番号    SY01 HS39
所在地    兵庫県神戸市長田区御屋敷通2丁目
停車種別  普通・阪神特急・S特急・直通特急(一部)
開業年月   明治43年3月15日
取材日    平成21年3月30日(①②)
         平成24年6月9日(③④⑥)
         平成26年4月29日(⑤)
次の駅
 
板宿(SY02) (姫路方面)
 
→高速長田(HS38) (神戸三宮・梅田方面)

2面2線の中間駅構造。駅東側に上下渡り線が設置され、非常時の折り返しに対応している。通常ダイヤでの折り返しには使用されないが、阪神大震災の部分復旧の際には使用された事がある。現在の駅は平成7年に地下化されたものである。
 
開業当初は車庫設置駅であり、上下ホームが千鳥配置の地上駅であった。昭和40年代、神戸高速鉄道の開業により姫路方面ホームを東に移転(神戸方面ホームに位置を合わせた、現在地に近い位置)、阪神阪急の6連対応となり、駅舎は橋上駅舎となっていた。昭和50年代に車庫を東須磨に移転の上、廃止されたものの、留置線は一部残った関係上、特急の通過はカーブとポイントの影響により減速を余儀なくされていた。地下化を目前にして阪神大震災が発生。駅施設や軌道、そして同線を跨いでいた西代陸橋が被災し、その日をもって廃線。先行開業された隣の板宿駅に比べて地下駅も柱の損傷等で復旧作業を余儀なくされ、平成7年6月に開業している。
 
神戸高速鉄道開業、それに伴う西代~兵庫間の廃止により、山陽電車の起点駅となったものの、長らく特急通過駅であった(開業当初からの中間駅の状態をそのまま引きずっている。車庫跡地の本社社屋があるのみ)が、平成18年のダイヤ改正でS特急が停車、平成21年のダイヤ改正で黄色直特が須磨~三宮間各駅停車化により停車駅となっている。

2016年4月28日 (木)

駅舎・駅構内 山陽電車 板宿駅(SY02)

Itayado001

Itayado008

Itayado009

Itayado000  

駅番号    SY02
所在地    兵庫県神戸市須磨区平田町3丁目
停車種別   普通・阪神特急・S特急・直通特急
開業年月   明治43年3月15日
取材日    平成24年6月9日(①~③)
         平成26年3月8日(④)
次の駅

東須磨(SY03) (姫路方面)

西代(SY01 HS39) (神戸三宮・梅田方面)

 
地下構造2面2線の中間駅。兵庫電気軌道が最初に開業した時に設置された、同線では歴史の古い駅のひとつである。神戸市須磨区東部の下町、板宿の玄関駅であり、利用客はかなり多い。現在の駅は平成7年に地下化された3代目であり、地下鉄板宿駅とは地下コンコースで結ばれている。昭和62年より特急停車駅となり、中間駅構造ながら主要駅として位置している。駅遠隔操作システムの拠点駅
 
地下化される前の板宿駅は下町の雰囲気に溶け込む形で電車が行き交う地上駅であった。駅前の商店街の一部区間に路線バスが走り、駅前の踏切を渡る光景が見られたものだが、晩年は開かずの踏切に悩まされていた。改札は上下別で、反対側のホーム乗車の際には踏切にて列車が通り過ぎるのを待つ場合があり、そんな利用客の為に列車が待ってくれるといった光景も見られた(これがダイヤの乱れに繋がっていたのかは定かではないが…)カーブの途中という事もあり、上りホームは車両が下り線側に傾いて停車する事で電車とホームの間に隙間が生じ、乗り降りがかなり危険であった。
 
昭和52年に神戸市営地下鉄が開通、乗り換え駅となったものの、同駅とは少し離れており(特に、上りホームからは踏切を渡る必要がある)、さらに当時は特急が止まらなかった事もあり、不便であった。駅前再開発の関係で昭和57年に地下化工事が開始、昭和61年に下り駅舎・ホームが仮設化、昭和62年に特急停車駅となり、平成7年春の地下化開業を目前にした1月17日、阪神大震災により駅は被災。その日を以って板宿地上駅は廃止。3月24日に当初予定を前倒しして現在の地下駅を開業している(その時は震災復旧による部分開業により須磨方面のみの運行。単線による折り返し駅となる)。同年6月に全線開業、本来の用途で使用開始され、現在に至る。

2016年4月27日 (水)

駅一覧 山陽電車

本線
 
東須磨(SY03)
月見山(SY04)
須磨寺(SY05)
山陽須磨(SY06)
須磨浦公園(SY07)
山陽塩屋(SY08)
滝の茶屋(SY09)
東垂水(SY10)
山陽垂水(SY11)
霞ヶ丘(SY12)
舞子公園(SY13)
西舞子(SY14)
大蔵谷(SY15)
人丸前(SY16)
山陽明石(SY17)
西新町(SY18)
林崎松江海岸(SY19)
藤江(SY20)
中八木(SY21)
江井ヶ島(SY22)
西江井ヶ島(SY23)
山陽魚住(SY24)
東二見(SY25)
西二見(SY26)
播磨町(SY27)
別府(SY28)
浜の宮(SY29)
尾上の松(SY30)
高砂(SY31)
荒井(SY32)
伊保(SY33)
山陽曽根(SY34)
大塩(SY35)
的形(SY36)
八家(SY37)
白浜の宮(SY38)
妻鹿(SY39)
飾磨(SY40)
亀山(SY41)
手柄(SY42)
山陽姫路(SY43)
 
 
網干線
 
西飾磨(SY51)
夢前川(SY52)
広畑(SY53)
山陽天満(SY54)
平松(SY55)
山陽網干(SY56)
 

« 2012年5月 | トップページ | 2016年5月 »