駅:山陽電車

2016年5月 1日 (日)

駅舎・駅構内 山陽電車 東須磨駅(SY03)

Higashisuma000  
 
Higashisuma006  
 
Higashisuma014  
 
Higashisuma015  
 
駅番号    SY03
所在地    兵庫県神戸市須磨区若木町1丁目
停車種別   普通・阪神特急
開業年月   明治43年3月15日
取材日    平成19年4月28日(②~④)
         平成21年3月30日(①)
 
次の駅
 
←月見山(SY04) (姫路方面)
 
板宿(SY02) (神戸三宮・梅田方面)
 
 
島式2面4線の緩急接続可能な構造。三宮方面ホームは外側が本線、内側が副本線となっており、かつての2面3線時代をそのまま引きずっている。一部時間帯にて乗入車による特急退避が行われる他、同駅折り返しに使用される事もある。
 
開業当初は現在地よりも東に「大手駅」として開業。その後、現在地に移転して「須磨東口駅」→「東須磨駅」となる。昭和43年の神戸高速鉄道開業により、阪神・阪急乗入車の一部が同駅で折り返す為、国鉄型2面3線構造となり、西側に折り返し線を設置。同時に現在の橋上駅舎が完成。その後、昭和50年代に西代車庫の代替として東須磨車庫が完成。山陽車両としても拠点駅となる。東須磨~西代間の地下化工事により、片面ホームだった姫路方面ホームにも退避線を設置。それにより駅舎南側も一部改良施工、現在に至る。
 
拠点駅ながら、山陽特急やS特急は長らく通過。付近は閑静な住宅街に位置し、商店が多く、特急停車駅であり地下鉄にも乗れる隣の板宿駅から徒歩で行ける為、利用客はそれほど多くない。平成21年ダイヤ改正より、黄色直特(須磨~三宮間各駅に停車)に限り同駅に停車するようになったが、平成28年3月のダイヤ改正で黄色直特の各駅停車区間が板宿~神戸三宮間に変更になった事で、再び全ての直通特急が通過となっている。

2016年4月30日 (土)

駅舎・駅構内 山陽電車 西代駅(SY01 HS39)

Nishidai000
 
Nishidai008
 
Nishidai009_2
 
Nishidai010
 
Nishidai011
 
Nishidai012
 
駅番号    SY01 HS39
所在地    兵庫県神戸市長田区御屋敷通2丁目
停車種別  普通・阪神特急・S特急・直通特急(一部)
開業年月   明治43年3月15日
取材日    平成21年3月30日(①②)
         平成24年6月9日(③④⑥)
         平成26年4月29日(⑤)
次の駅
 
板宿(SY02) (姫路方面)
 
→高速長田(HS38) (神戸三宮・梅田方面)

2面2線の中間駅構造。駅東側に上下渡り線が設置され、非常時の折り返しに対応している。通常ダイヤでの折り返しには使用されないが、阪神大震災の部分復旧の際には使用された事がある。現在の駅は平成7年に地下化されたものである。
 
開業当初は車庫設置駅であり、上下ホームが千鳥配置の地上駅であった。昭和40年代、神戸高速鉄道の開業により姫路方面ホームを東に移転(神戸方面ホームに位置を合わせた、現在地に近い位置)、阪神阪急の6連対応となり、駅舎は橋上駅舎となっていた。昭和50年代に車庫を東須磨に移転の上、廃止されたものの、留置線は一部残った関係上、特急の通過はカーブとポイントの影響により減速を余儀なくされていた。地下化を目前にして阪神大震災が発生。駅施設や軌道、そして同線を跨いでいた西代陸橋が被災し、その日をもって廃線。先行開業された隣の板宿駅に比べて地下駅も柱の損傷等で復旧作業を余儀なくされ、平成7年6月に開業している。
 
神戸高速鉄道開業、それに伴う西代~兵庫間の廃止により、山陽電車の起点駅となったものの、長らく特急通過駅であった(開業当初からの中間駅の状態をそのまま引きずっている。車庫跡地の本社社屋があるのみ)が、平成18年のダイヤ改正でS特急が停車、平成21年のダイヤ改正で黄色直特が須磨~三宮間各駅停車化により停車駅となっている。

2016年4月28日 (木)

駅舎・駅構内 山陽電車 板宿駅(SY02)

Itayado001

Itayado008

Itayado009

Itayado000  

駅番号    SY02
所在地    兵庫県神戸市須磨区平田町3丁目
停車種別   普通・阪神特急・S特急・直通特急
開業年月   明治43年3月15日
取材日    平成24年6月9日(①~③)
         平成26年3月8日(④)
次の駅

東須磨(SY03) (姫路方面)

西代(SY01 HS39) (神戸三宮・梅田方面)

 
地下構造2面2線の中間駅。兵庫電気軌道が最初に開業した時に設置された、同線では歴史の古い駅のひとつである。神戸市須磨区東部の下町、板宿の玄関駅であり、利用客はかなり多い。現在の駅は平成7年に地下化された3代目であり、地下鉄板宿駅とは地下コンコースで結ばれている。昭和62年より特急停車駅となり、中間駅構造ながら主要駅として位置している。駅遠隔操作システムの拠点駅
 
地下化される前の板宿駅は下町の雰囲気に溶け込む形で電車が行き交う地上駅であった。駅前の商店街の一部区間に路線バスが走り、駅前の踏切を渡る光景が見られたものだが、晩年は開かずの踏切に悩まされていた。改札は上下別で、反対側のホーム乗車の際には踏切にて列車が通り過ぎるのを待つ場合があり、そんな利用客の為に列車が待ってくれるといった光景も見られた(これがダイヤの乱れに繋がっていたのかは定かではないが…)カーブの途中という事もあり、上りホームは車両が下り線側に傾いて停車する事で電車とホームの間に隙間が生じ、乗り降りがかなり危険であった。
 
昭和52年に神戸市営地下鉄が開通、乗り換え駅となったものの、同駅とは少し離れており(特に、上りホームからは踏切を渡る必要がある)、さらに当時は特急が止まらなかった事もあり、不便であった。駅前再開発の関係で昭和57年に地下化工事が開始、昭和61年に下り駅舎・ホームが仮設化、昭和62年に特急停車駅となり、平成7年春の地下化開業を目前にした1月17日、阪神大震災により駅は被災。その日を以って板宿地上駅は廃止。3月24日に当初予定を前倒しして現在の地下駅を開業している(その時は震災復旧による部分開業により須磨方面のみの運行。単線による折り返し駅となる)。同年6月に全線開業、本来の用途で使用開始され、現在に至る。

2016年4月27日 (水)

駅一覧 山陽電車

本線
 
東須磨(SY03)
月見山(SY04)
須磨寺(SY05)
山陽須磨(SY06)
須磨浦公園(SY07)
山陽塩屋(SY08)
滝の茶屋(SY09)
東垂水(SY10)
山陽垂水(SY11)
霞ヶ丘(SY12)
舞子公園(SY13)
西舞子(SY14)
大蔵谷(SY15)
人丸前(SY16)
山陽明石(SY17)
西新町(SY18)
林崎松江海岸(SY19)
藤江(SY20)
中八木(SY21)
江井ヶ島(SY22)
西江井ヶ島(SY23)
山陽魚住(SY24)
東二見(SY25)
西二見(SY26)
播磨町(SY27)
別府(SY28)
浜の宮(SY29)
尾上の松(SY30)
高砂(SY31)
荒井(SY32)
伊保(SY33)
山陽曽根(SY34)
大塩(SY35)
的形(SY36)
八家(SY37)
白浜の宮(SY38)
妻鹿(SY39)
飾磨(SY40)
亀山(SY41)
手柄(SY42)
山陽姫路(SY43)
 
 
網干線
 
西飾磨(SY51)
夢前川(SY52)
広畑(SY53)
山陽天満(SY54)
平松(SY55)
山陽網干(SY56)
 

その他のカテゴリー